キララの里の風だより

キララの里から風に乗せて、小林社長の独り言を写真付きでお届けします。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶刈節 (ちゃかりぶし)

例年より2~3日早いが お茶の収穫の時期になった。

!cid_2618A63B558C4A3C9F672698A4A1E8A3@lNPC_convert_20080508094126.jpg


ふさふさの美味しそうな新芽が揃った

大型連休と重なって家族総出でのお茶刈風景も有った

例年より2~3日早いが お茶の収穫の時期になった。



ふさふさの美味しそうな新芽が揃った

大型連休と重なって家族総出でのお茶刈風景も有った


!cid_C51F49CEF02F4D41853BC97EC1AACE29@lNPC_convert_20080508094151.jpg


地元の写真家となって ほとんどの方々が顔見知りとなった

あんたが写真撮りに来るんだったらもっといい服着てくるんやった  

と言って照れていた  そんな和やかな撮影が僕は好きだ

!cid_7CB59340DCB541B29DF0C2F9418F3396@lNPC_convert_20080508094105.jpg


小学校4年の時には お茶に被せてあるコモ片付けのアルバイトをしていた

今は写真の様に黒い遮光ネットを使っているが45年程前までは藁で編んだコモだった

今は乗用の茶刈機で簡単に刈っていくが ハサミで刈っていた頃は結構腕自慢がいた

時代は流れていく  止めようと思ってもどうにもならない不気味な動きがある

地球の温暖化なんかもう止まらない気がする

だれも飛行機を飛ばすの止めようとは言わない

進化とは人にとって都合のいい事ばかりを言うのではない

そんな中で私に出来る事は???





地元の写真家となって ほとんどの方々が顔見知りとなった

あんたが写真撮りに来るんだったらもっといい服着てくるんやった  

と言って照れていた  そんな和やかな撮影が僕は好きだ



小学校4年の時には お茶に被せてあるコモ片付けのアルバイトをしていた

今は写真の様に黒い遮光ネットを使っているが45年程前までは藁で編んだコモだった

今は乗用の茶刈機で簡単に刈っていくが ハサミで刈っていた頃は結構腕自慢がいた

時代は流れていく  止めようと思ってもどうにもならない不気味な動きがある

地球の温暖化なんかもう止まらない気がする

だれも飛行機を飛ばすの止めようとは言わない

進化とは人にとって都合のいい事ばかりを言うのではない

そんな中で私に出来る事は???

桃源郷

縁とは不思議なものだ

縁無きも不思議だ

何人かの友人に声を掛けさせて頂いた 結果縁のある方だけが集まった


!cid_D082DB0F355D4DCDB5015E2054A02957@lNPC_convert_20080508093610.jpg


5月4日 美杉町大洞 海抜800メートルの改装終わった家内の生家に行った

満92歳になる父もはっきりと自ら行きたいと意志を表明

父の友人で過去から今世まで16回の転生の中で9回も深い御縁で結ばれている御婦人

過去に於いて家内の母の側近だった75歳の老紳士

改装終わった部屋の窓からは伊賀富士が真正面に望める

!cid_A911A2C2193A499ABC738C5D941F33BC@lNPC_convert_20080508093631.jpg
 

大洞の山は空気がきれいなせいか 花の色も純粋だ 昔火山だったこの山は

弥生時代の矢じり 海底が隆起したと思われる証拠の貝殻の化石

マイナスイオンメーターを持参して岩石を計ると100~280位マイナスイオンが出ている

作物が良く出来て 樹が良く繁るのはそのせいと思われる

!cid_D731CE375E294C0E84E89257492CF960@lNPC_convert_20080508093652.jpg
 

花と遊ぶ昆虫たちも ハキハキ飛んで見てても気持ちいい

家内が用意した筍ご飯を 味わいながら集まった7人のメンバーは

どことなく懐かしさを覚え和気あいあいの食事会になった

行き時にちょっと疲れが抜けていなかった僕の身体も 

山でリンパマッサージをしてあげたお陰でリフレッシュされルンルンで帰ってきた

いつか 書く事もあるかも知れないが今日は大きなプレゼントを神さまから頂いた

今が最高今がチャンス

                             哲 

3~400年の花

3-400年の花


根回り2.3メートル 葉張 15メートル

樹齢もさることながらこんなに長く咲き続けるには藤の樹一人の努力だけではない

聞くところによると 関係者の方々が酒粕を根元に施したり

棚を組んだり 周囲のお掃除をしたり の蔭の支えがあったからでしょう

又花を愛する人の想いも大きな要因だと思います

折角咲いたチューリップを傘を刀代わりに振り回して首から落としていく人もいる

電磁波で脳のネットワークに障害が出ているのか?

人格形成の大事な時期に何かショックが有ったのか?

言うに言えないストレスを物言わぬ花にぶつけているのか

しあわせな人には分からない世界を持っているのかも知れない

声なき声に耳傾けるスペースを持ちたい

綺麗な花を撮っているとそんな声が聞こえてくる

お釈迦さまもブッタになるまでにどれほど悪い事をして来たのだろうか?

薬師如来は自ら病んでその境地を知ると言う

私がしあわせだけでは 世の中は良くなっていかない



究極の美

余りにも素晴らしいものを見た時

自分だけのものにしてじーっと胸に秘めておきたい

もう一つのこころは

早くみんなに知らせたくって じーっとしていられなくなる

今日は余りの美しさにどちらの思いも浮かばなかった それくらい綺麗だった


!cid_B7BA798BCC3149E894B20CC9DFE3B1C4@lNPC_convert_20080428093100.jpg


今までお返事くれなかった人もこれを見て感動しなかったら

間違いなく 不感症の自覚を持っていただきたい

そんなメッセージが書きたくなるくらい綺麗だった


ありがとう

朝が楽しい

最近日の出が早くなった 5:30前後丁度 僕んちの上にお出ましになる

!cid_0D1BE090A241453FAB3D16E85AFF75A3@lNPC_convert_20080428093038.jpg


先日ある種の感覚に鋭い方から 

あなたの写真を撮っている所の地場エネルギーは伊勢の神宮並に高いですね

と言われて毎朝歩き瞑想するコースがまたまた楽しくなってきた

!cid_BA70701155E84B699F132F5D574DC898@lNPC_convert_20080428093128.jpg



確かにこの地は戦後開かれた開拓地で 不浄なものは一切ない

住んでる39件の横堀町自治会のメンバーはみんな気心の知れたいい仲間達だ

捨てられた空き缶探すのに苦労する位皆の意識レベルは高い


!cid_C941041CEB49454BA70F40B3A28109E5@lNPC_convert_20080428093148.jpg

ここに現れる太陽も毎日違った顔を見せてくれる 何よりもの励ましだと思っている

世間を離れて生きているわけではないが 

毎日報道される余りにもレベルの低い世の中の諸事にうんざりする

余りの不気味な大きなうねりのようなものを感じて 我が力どこまで届くかって思ってしまう

まずは有縁の方々と硬いきずなを保っていこう 土台石がしっかりしてないと

丈夫な建物も建たないと思うから

と小ちゃな夢を持っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。