キララの里の風だより

キララの里から風に乗せて、小林社長の独り言を写真付きでお届けします。

Archive [2008年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

92歳万歳

元気で92歳の誕生日を迎えて頂いてありがとう 子 孫 ひ孫  総勢14名集まって父の誕生パーティをやった お寿司パーティーのあと 親しくしているケーキ屋さんからケーキのお祝いをいただいた ありがとう みんな元気で仲良く暮らせる喜びが何とも嬉しい おじいちゃんへのメッセージを読み上げるひ孫のお言葉に父も微笑みぱなし 理屈無しに子が親の面倒をみるのは当たり前との日本に伝わる習慣を大事にしていきたい 屈託な...

親子三代

いつもの歩き瞑想コースで挨拶を交わす常連さんがいる 僕が子供の頃からずーっと変わらず農業に励んでいるTさんである 鞠が原農場と御影の石柱に刻んであったのを覚えている 昭和23年頃開拓が終わって耕地になった畑は小指の太さの芋しか収穫出来なかった Tさんのお爺さんはその頃芋の作り方を覚えに四日市から岐阜まで片道80キロの道を歩いて 岐阜の篤農家の所まで通っって教えを乞うたと言う そんな努力が今の日本の基礎に...

四匹目の猿 見ざる 言わざる 聞かざる いつもおなじみの三匹の猿 それぞれに聞きなれた三猿の例えだが先日お伺いした会社の会長さんから実はもう一匹厄介な奴がいるんだよ 思わざる と言う猿が こいつの存在に気付かないと中々人生うまく行かないのだよ そう言えば仏教のお話の中で心行の例を良く聞いたこころで思う事は必ず行動に出るだから  思う事と 行いは一緒なのだよとあぁーそうだ  よこしまな事は 思わざるな...

流れに乗って 色々の事が懐かしくなってきた 立て続けに友人の訃報が届く  僕が高校生の時お世話になった飼料会社の会長さんにアポを取ってもらった 友人と話しているうちに  その会長さんが二人の共通の師匠だと分かったからだ 以前からお身体の調子が悪いと聞いて  気になっていた 海千山千越えてこられた会長さんは お元気そうだったので安心して長居をしてしまった 齢75を超えられ事業に大成功された会長さんは  ...

茶刈節 (ちゃかりぶし)

例年より2~3日早いが お茶の収穫の時期になった。 ふさふさの美味しそうな新芽が揃った 大型連休と重なって家族総出でのお茶刈風景も有った 例年より2~3日早いが お茶の収穫の時期になった。 ふさふさの美味しそうな新芽が揃った 大型連休と重なって家族総出でのお茶刈風景も有った 地元の写真家となって ほとんどの方々が顔見知りとなった あんたが写真撮りに来るんだったらもっといい服着てくるんやった   と言っ...

桃源郷

縁とは不思議なものだ又縁無きも不思議だ 何人かの友人に声を掛けさせて頂いた 結果縁のある方だけが集まった 5月4日 美杉町大洞 海抜800メートルの改装終わった家内の生家に行った 満92歳になる父もはっきりと自ら行きたいと意志を表明 父の友人で過去から今世まで16回の転生の中で9回も深い御縁で結ばれている御婦人 過去に於いて家内の母の側近だった75歳の老紳士 改装終わった部屋の窓からは伊賀富士が真正面...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。