キララの里の風だより

キララの里から風に乗せて、小林社長の独り言を写真付きでお届けします。

Archive [2007年05月 ] 記事一覧

スポンサーサイト

束の間の晴れ

五月の最後の日 いつも通りの歩き瞑想途中の墓地に我が家の墓がある  歩き瞑想のコースに入っている般若心経をあげていた  合わさった手がスゥート宙に吸い込まれるように身体全体が軽くなった面白い ヘェヘェーなんか得したみたいで嬉しかったそんな帰り道 ちょっとわき見運転じゃなく わき見瞑想ギガンチューム とか言う ネギ坊主の外人さんみたいのがニョキと朝日に映えていた花の中に宇宙があるみたいに精巧に創作さ...

爽やかキララの里

早朝の歩き瞑想も最後の般若心行のお勤めの終わった頃爽やかな光線が走る ご来光だ爽やかな新緑に 可愛いい真っ赤な竹トンボのような花が付いているこの早朝のこの時間しかこんな光景は見られない関心なければ 何もないように通り過ぎて行ってしまいそうな一本のもみじの木人との出会いにも同じ境地があります君看よ双眼の色 語らざれば憂い無きに似たり「君看よ双眼の色、語らざれば憂い無きに似たり」良寛。この二つの瞳をご...

爽やかな朝

今朝は 携帯の目覚ましの鳴る一秒前に起きたとっても 爽やかな涼しい最高の朝だ歩き瞑想の最後に般若心経をあげる場所がある開拓魂   昭和20年からこの横堀地区の開拓事業が始まった父も縁あってここに入植し1.5ヘクタールの山林を畑に変えた当時11戸の部落も今は35戸になり 独立して横堀自治会も出来たこの記念碑は12年前開拓50周年記念に我が家の敷地内に建立した爽やかな朝日に照らされて純白のマーガレット...

多羅葉 樹

いつも通る道であったが とっても気になる樹が有ったいつも僕の方を向いているのであるそして 私を買って  と話かけてくる最初は気のせいだと思っていたしかし その思いは益々強くなる 思い切って持主の植木屋さんを訪ねたあぁっ  あれね 多羅葉って言うんです。何故か郵便局が新設されると記念樹に植えるのです緑の濃い 病気 害虫など寄せ付けないパワーを感じる樹なのである葉っぱの裏に釘で字を書くとしばらくして浮...

不思議でない不思議

最近面白い ストレスなしに面白い出会いがぴったりお天気がぴったり時間がぴったり一つとして想定外はない朝歩いていた 先輩がお茶を刈る機械トレーラーで引っ張ってきた目の前で お茶刈が始まった 朝五時半の事である来るのも偶然 刈るのも偶然  時間も偶然西尾 岡崎方面にトラックで納品に行った嵐になるとの事で早い目に行った荷物の積み下ろし終って 走り出したら 雨 風 強くなった来た家に帰って一休みしたら 残...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。